代表メッセージ

タチバナアライブシステム 代表 橘貴督

代表取締役 橘貴督

当社は、地元企業をIT技術で支え、共に発展していけることを目指しています。

現在は、地元大企業の請負・派遣業務が大半を占めますが、これからは、地元の中小企業からの受託開発やクラウドサービス・パッケージ販売など、多くのことにチャレンジしていきたいと思っています。

また、新しい技術にも挑戦しつつ、地元の仲間と共に発展していくことを願っています。

代表の経歴

私は、山口県の下松市生まれの下松市育ちです。これまで、福岡や東京に転勤で6年程度暮らしたこともありますが、それ以外はずっと下松です。

タチバナアライブシステム 代表 橘貴督

橘 貴督
Takayoshi Tachibana

小さい頃から野球ばかりして、勉強は大の苦手でした。
高校は、山口県立下松工業高等学校の電気科で、もちろん野球部で3年間野球漬けでした。
昭和59年同校を卒業し、そのまま地元の大企業に就職しました。

当初は、現場の工場で3交代に入り、夜勤が辛かったことを今でも時々思い出します。
それから2年後に、工場が合理化によりコンピュータ化したことをきっかけに、システムに興味を持ちシステム課に所属することとなります。
ここから、勉強嫌いの自分がシステムについての勉強を今までやったこともないくらい頑張ってきました。
その甲斐あって、以下の大企業のシステムに携わってきました(エンドユーザー様として)。

  • 新日鐵住金ステンレス株式会社 様
  • 宇部興産株式会社 様
  • 小郡商事 様(現ファーストリテイリング:ユニクロ)下請けで回ってきた仕事でした…
  • 山九株式会社 様
  • 日本航空株式会社 様
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社 様(日本IBM様のアンダーとして 一緒に仕事をさせて頂きました。)
  • 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)様

この中で、一番印象に残っている業務は、日本航空様のERPシステムで、プロジェクト人数が常時100名以上、日本IBM様のアンダーとして2年間務めてきたことです。この時はとても良い経験をさせて頂きました。

そして、2010年10月に個人事業として立上げ。その後、2011年1月にタチバナアライブシステム株式会社として登記しました。

これからは、これらの経験を元に地元中小企業様のために役立てたいと頑張っています。